伊予市 借金返済 弁護士 司法書士

伊予市に住んでいる人がお金や借金の悩み相談をするならここ!

借金返済の悩み

借金の金額が多すぎて返済が厳しい…。
債務整理して、借金の辛さから解き放たれたい…。
もしもそう思うなら、すぐに司法書士や弁護士に相談を。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、毎月の返済が減額したり、督促がSTOPしたり、などいろいろなメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではインターネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所・法律事務所も数多くあります。
ここではそれらの中で、伊予市に対応している、お勧めの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
また、伊予市にある他の法律事務所や法務事務所も紹介しているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、1人ではなかなか解決できません。
司法書士・弁護士の知恵や知識を借りて、解決への糸口を探しましょう!

伊予市に住んでいる人が借金や債務整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

伊予市の借金返済や多重債務問題の相談なら、ここがお勧めです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している法律事務所です。
初期費用が無料だから、手持ちがなくても安心です。
料金の支払は、分割払いもOKです。
弁護士への相談料金はもちろん無料!
借金取り立てのストップも可能。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、借金について無料相談できます。。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付できるので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、過払い・債務の問題が相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に適した方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決します。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、戻ってきた過払い金から費用を精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬や減額報酬などを一切取らないので、おトクに解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口もあるので、女性でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

伊予市の方が債務整理や借金の相談をするなら、まずコレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネット上の借金解決のための診断ツールです。
カンタンな質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな人にもピッタリです。
しかも、匿名&無料で使えます☆
全国に対応しているサービスなので、伊予市在住の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料&匿名で使える!
  • 全国対応!
あなたの借金・債務の悩み、匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



伊予市周辺にある他の法律事務所や法務事務所を紹介

伊予市には複数の弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●亀岡奈美司法書士行政書士事務所
愛媛県伊予市米湊722-2
089-983-2017

●西山和敬司法書士事務所
愛媛県伊予市米湊333-3
089-982-7167

●上田司法書士事務所
愛媛県伊予市米湊333-3
089-982-4211
http://ueda-shiho-shoshi.jp

●竹本厚良司法書士事務所
愛媛県伊予市下吾川1438-6
089-982-1651

地元伊予市の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談などの方が、気負わずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

伊予市で借金返済や多重債務、問題が膨らんだ理由とは

さまざまな金融業者や人から借金した状況を「多重債務」といいます。
こっちからもあっちからも借金して、返済先も借入れ金額も増えた状態です。
キャッシング会社で限界まで借りてしまったから、別の消費者金融で借金。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードを複数持ったり。
多重債務の状況にまでいったなら、大概はもはや借金の返済が難しい状況になっています。
もはや、どうひっくり返ってもお金を返済できない、という状態。
ついでに金利も高い。
どうにもならない、手詰まりだ、と思ったら、法律事務所・法務事務所に相談してみませんか。
弁護士や司法書士に相談し、今の自分の状態を説明し、解決策を提示してもらいましょう。
借金・お金の問題は、弁護士・司法書士知恵・知識に頼るのが最善ではないでしょうか。

伊予市/債務整理のデメリットとは|借金返済

債務整理にもさまざまな進め方があり、任意で金融業者と話しする任意整理と、裁判所を通す法的整理である自己破産や個人再生等の種類があります。
では、これらの手続についてどの様な債務整理デメリットがあるのでしょうか。
この3つの手段に共通する債務整理のデメリットとは、信用情報にそれらの手続きを行った旨が載ってしまう事です。いうなればブラック・リストという状態になるのです。
としたら、概ね五年〜七年の間、クレジットカードが創れず又借入ができなくなるでしょう。けれども、あなたは返すのに日々苦労してこの手続を行う訳ですから、暫くは借入しない方が良いのじゃないでしょうか。
ローンカードに依存している人は、逆に言えば借金が出来ない状態なる事によってできなくなることにより救われるのじゃないかと思われます。
次に個人再生と自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこれらの手続きを行った事実が掲載されてしまう事が挙げられるでしょう。しかしながら、貴方は官報等見た事があるでしょうか。むしろ、「官報ってなに?」といった人の方が殆どではないでしょうか。
現に、官報は国が発行する新聞の様な物ですが、ローン会社等々のごく僅かな人しか見ないのです。だから、「破産の実態が御近所の人に知れ渡った」等といった事はまずないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理デメリットですが、1辺自己破産すると7年間、再び自己破産出来ません。これは十分配慮して、2度と自己破産しないように心がけましょう。

伊予市|個人再生は、弁護士と司法書士どちらがよい?/借金返済

個人再生をする際には、弁護士と司法書士に相談する事が出来ます。
まず、司法書士に個人再生の手続きをお願いする場合、書類作成代理人として手続を代わりに進めていただく事が可能なのです。
手続を行う時には、専門的な書類を作ってから裁判所に出す事になると思うのですが、この手続きを任せるということができるので、面倒くさい手続きを進める必要が無いのです。
但し、司法書士の場合、手続きの代行を行う事は出来るのですけども、代理人じゃないので裁判所に行った場合には本人のかわりに裁判官に受け答えができないのです。
手続を進める上で、裁判官からの質問をされるとき、自身で答えていかなきゃなりません。
一方弁護士の場合だと、書類の代行手続きだけでなく、裁判所に出向いた時には本人にかわって受答えを行っていただく事が出来ます。
弁護士は、個人再生を始めとする債務整理手続きに慣れている状況になりますので、質問にも的確に受け答えをすることが出来て手続きがスムーズに出来るようになります。
司法書士でも手続をする事は出来ますが、個人再生において面倒を感じる様なこと無く手続きを進めたい際には、弁護士に頼るほうが安堵することができるでしょう。